不登校からのチャレンジ|中学受験で鍵となる算数は早いうちから苦手を克服しよう

中学受験で鍵となる算数は早いうちから苦手を克服しよう

不登校からのチャレンジ

勉強

通信と通学どちらも選べる

いじめなどの原因による不登校によって高校進学を断念されるお子さんは大勢いらっしゃいます。それでも高校に進学希望されるお子さんのために通信制高校という選択もありますが、独学でカリキュラムを消化することが難しいお子さんは通信制高校を辞めてしまうことになりかねません。こうした問題を解決するためには生徒のためにしっかりとサポートを行ってくれる通信制高校に進学することが望まれます。具体的にどのような通信制高校を選べばよいのかというと、通信制と通学制どちらも利用できる高校が望ましいのです。現在このような通信制と通学制を選べる高校が全国で増えています。どちらも選べるというのは生徒側からしても嬉しいですし学校側もサポートが行き届きやすくなるので卒業しやすくなります。

選択できることの利点

通信制と通学制を選択できる高校のメリットとしては、生徒のライフスタイルに合わせられることが挙げられます。通信制高校だけですと指導という観点で疎かになりがちですが、生徒はいつでも通信制から通学制にチェンジできますので、もっと学力をつけたい場合に臨機応変に対応できるのは大きいと言えます。また、通信制であってもこうした選択制の学校では自宅学習の生徒にもしっかりサポートをしています。生徒の希望によって先生や講師が直接自宅に訪問してマンツーマンで指導してもらえます。例え不登校で通信制を選択した生徒であっても、こうした高校では不登校生徒とコミュニケーションをとる経験が豊富ですし上手いので、生徒も安心して学習することができます。事情があって高校進学を諦めていたお子さんをお持ちでしたら、通信制と通学制を選択できる高校への進学を検討してみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加