中学受験で鍵となる算数は早いうちから苦手を克服しよう

信頼できる指導

勉強する女の子

家庭教師は先生との相性がよければ、成績向上や勉強に対する態度などあらゆる面で大きく成長することができます。実績の多い教師であればさまざまなやり方や指導方法で勉強を見てくれます。また、すぐに分からないところを聞くことができ直接丁寧な指導を受けることができるのが家庭教師の大きな特徴です。

Read More..

4年生からの受験勉強

少女

中学受験の入試問題の難易度は、一般的には公立小学校の学習内容よりもハイレベルなので、早めに受験に向けて対策を始めるのが理想的です。学校によって入試科目と出題傾向は様々ですが、算数の学力アップが合格の決め手になるケースが多いです。したがって中学受験に最適な学習塾を探すときには、算数の授業時間が長くて、少人数制指導や個別指導も活用できる教室が最適です。特に小学校4年生から入塾するのが一般的であり、最初は基礎的な内容からスタートして、次第に応用力を高めるのが代表的なカリキュラムです。小学校6年生になった段階で志望校別の特訓指導を受けることで、思考力が問われる図形問題や文章題もスムーズに解けるでしょう。

家庭学習と学習塾の指導内容を連動させることが、中学受験で第一志望校に合格するための基本的なテクニックです。算数の学習のポイントは計算力のアップであり、自宅でも学習塾でも計算ドリルを活用して積極的に訓練するべきです。限られた時間で問題を処理することが中学受験では必要なので、速く正確に問題を解くためにも、継続的なトレーニングが不可欠です。個別の中学入試の出題傾向を分析することが、合格するために必要な得点力を確保するためのポイントです。代表的な中学入試問題の算数の出題パターンを見つけ出すことで、効率的に学力アップが実現できるでしょう。とりわけ問題を解くときに必要な公式を覚えたうえで、出題パターン別に使いこなすためのテクニックを身に着けることが重要です。

大学までのしのぎになる

ペンと本

新潟の大学や専門学校をリサーチしてみましょう。通える範囲で希望どおりの選択肢が見つかるかもしれません。場合によっては大学進学よりも専門学校の方が、希望の職種に就きやすくなることもあります。視野を広げることが大切です。

Read More..

不登校からのチャレンジ

勉強

不登校が原因で高校進学を断念されたお子さんをお持ちの親御さんにお勧めしたいのが、通信制と通学制どちらも選択できる高校です。通信制高校は生徒に対して指導が行き届きにくいので脱落してしまう可能性があります。しかしいつでも通学に変更できることで指導も受けやすくなりますから、メリットは大きいと言えます。

Read More..

このエントリーをはてなブックマークに追加